4月26日(木曜日)

ねんきん定期便の到着。現時点での掛け金で、65歳から年金を受け取るとすると、国民年金の満額よりは多いようだ。一般的な定年退職まであと9年。年金をもらえる年齢まで14年。長生きしてしまった場合、サイテーでも働き続けたい年齢まで19年。どこまで掛け続けられるか?そしてそのかけた分に比例して、年金がもらえるのか?そして年金制度そのものが崩壊して、別の手当てを受けるのか?一枚のハガキから、そんな事を考えていました。当たり前すぎるけど。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする