7月2日(日曜日)

気温が高くて蒸し暑かった。結局雨は降らなかったけど、梅雨らしい天気でしたね。マジで肥満中年には堪えるよ。そんな中、毎月のお参りです。

この写真の新型車両に乗ったが。まだ紙の車内広告は残っていました。この新型車両に限っては、先立ってやめるのかと思ったが、そうじゃないようです。考えてみたら、全部の編成に広告を載せる事を前提に、契約をしているわけだ。やめる時は一斉にやめるんだな。

そして反対側からも、アップしておきます。この後、やばい女が登場。それこそホームから電車に飛び込むのでは無いか?そんな感じでした。私が引き上げる時も、かなり危なかったので、危ないと注意した。すると奇声を上げて逃げる始末。エスカレーター脇にガードマンがいたので報告。何故かそれを見て危険な女は、渋谷方面に行くにはどうしたらいいかをガードマンに聞いていた。病んでいるの一言です。

一度行ってみたいと思っていたので、思い切って行ってきました。この看板、インパクとあるでしょ?なかなかの繁盛店でした。秋葉原から、昭和通りを御徒町方面に歩いて行くとあります。

俺が頼んだのは黒カレーです。黒か赤を選び、ご飯の量とトッピングを考えて食券を購入。俺は迷わず黒です。何故なら、赤は辛いようです。今の時代の辛いは、何が出てくるか分からないからね。

カウンターに座って、カレーが出てくる直前で、店員さんがトッピングを聞いてくる。この1から10の中から三つ選びます。声をかけられてからすぐに出て来ました。

それがこれです。記憶の何処かにあるような味でした。もしかして…と思いましたが、それでもいいです。そうだったとしてもちゃんと手は加えられています。肉もいい感じでした。辛さ?これは甘口のレベルですね。私の口でもそう思います。そしてハバネロのエキスと粉チーズが置いてあった。黒カレーの人は、半分食べたらこっちも試して欲しいと書いてありました。ハバネロ2〜3滴に粉チーズ…この組み合わせも良かったな。繁盛しているのがよく分かりました。ご飯の盛りに関係なく890円也。良いと思います。

このあと財布を買いに行って…まぁ〜それはいいや。最後に京成八幡駅の踏切です。この一帯にあった、闇市の名残のような場所が、全て再開発された。京成電鉄の本社も再開発の時に建てられたビルに入った。ならば、同時に完成させろとは言わないが、ここも高架にしてくれよ!!俺が生きている間は、この踏切は無くならないだろう。風情として捕らえるかな。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする