11月9日(木曜日)

仕事が終わる寸前、イラッ!!と来た。余計な物は観るもんじゃないなと思った一日でした。大した一日じゃなかったけど、なんか台無しな感じですね。

木曜日なので早朝のコンビニで文春を買おうとした。あれ?先週号じゃないの!!まだ来てないのか?隣の棚を見ると、今週号らしき文春がある。またか…最近、この手のことが頻繁にある。古い号を片付けないのだ。一応、レジに伝えるがほぼ日本語が通じない。二冊を持って行き「こっち古い、こっち新しい」と言ってもダメだった。

百歩譲って…いややめておこう。商品開発力とか、システムの維持や運営にまつわるノウハウは、素晴らしいものがある。でも現場はこの状態だ。そして外国人店員ばかりを言っていられない。

以前、漫画雑誌を購入したら前号だった。確認しない俺も悪いが、最新号を買ったのなら諦める。だけど、コンビニで古雑誌はあり得ないだろう。しかも最新号が出てから数日は経っていた。電話で返金を申し入れて、話が通った。数時間後店舗に行くと、返金はしてくれたが、棚に俺が買った古雑誌がまだ置いてある。電話で古雑誌が置いてあることを、指摘しているのにである。まだ置いてあることを店員に伝えても「そうですか?」状態だ。何処の国の人かは知らないが、少なくともネイティブの日本語を話していた。なんだかなぁ〜

色んな職業のAI化が言われている。どの速度でどこまでAI化が進むのか分からない。俺自身、拒絶反応があると思う。だけどこんな事が、コンビニ以外でも起きているのだ。その度に、AI化って悪くないんじゃないか?エラーが出たらクレームじゃなくて、事例を報告すればよろしい。そんな風に考える今日この頃です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする