11月29日(水曜日)

朝は港からスタート。早く出るようには言われていなかったので、狙いを定めて行った。大井5号の並びを見た時に、予想通りと思ったのだが…平和島で回収するはずのコンテナが、取り出せない状況にあった。2時間は待つと言う。無理な状況だ。何ともまわりが悪いな。

そんな中、プリンタが不調だ。寝台に鎮座しているMG3630。振動のせいか、インク吸収体のエラーが出る。メンテナンスに出そうと、キャノンのサポートセンターに電話をする。保証の範囲でやってくれるようだが、保証書が無い。不覚である。探してはみるけどさ。

TBSラジオが野球中継から撤退するそうです。噂は出ていたので驚かないけど、ついに来たかという感じです。昔ほどじゃ無いけど、横並びで同じカードの中継をするのは無駄だと思う。ただこの冒険がどういう結果を招くか?年間を通して、テレビのゴールデンタイムに切り込めるコンテンツを提供してもらいたいです。

ついでにラジオと野球中継で思い出したこと。1977年にラジオ日本(当時はラジオ関東)が、巨人戦の独占中継権を得た。子供だったのだ、詳しい事情が分からなかったが、よく覚えている。読売のニュースを流すことを条件に…と大人たちが話していたのは覚えています。この事と、日テレの資本を受け入れたのがごっちゃになっていました。資本を受けたのはもっと後ですね。やはりあの局は一筋縄ではいかなかったのだな。

ラジオそのものが、今とは比べ物にならないくらい、メディアとして重要だった。(俺は今でも重要だと思っている。ただリスナー数がね)ましてや当時の巨人戦である。後楽園球場で行われる(稀に地方球場もあったけど)、巨人主催の試合の中継は、ラジオ日本でしか聴けなくなった。他のラジオ局は、他のチーム主催の巨人戦しか中継できなくなったのだ。その後どうなったかは詳しく分からないけど、ラジオ日本は絶対巨人主義みたいなノリだな。

テレビは先に、地上波から巨人戦が激減した。それがラジオにも来たってことかな。これも時代か。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする