1月26日(金曜日)

珍しく、並ばなかった日でした。年に何回あるだろうか?朝霞市と上尾市に行ったのだけど、言われていた通りの雪だったな。残っている雪の量が全然違う。首都高も戸田南より向こうは通行止めで、午前中は5号線も片側車線を潰して除雪をしていた。写真は上尾の倉庫です。大きい所だけど狭い。

煽り運転がどうのこうのと言われているが、やはりちょっと違う方向に向かっていると思う。新大宮バイパスを走行中の事です。明らかに前後左右どちらにもふらついている。前後というのは、何かに気を取られて、加減速がおかしく、車間距離を取っているというより、流れに乗れていないです。あまりにも酷いのでパッシングすると速度を上げる。そしてちょっと走ると前後左右にふらつき始める。これの繰り返しです。

パッシングをしてペースを上げるのだから、自覚しているのですよ。じゃぁ〜何でこんな運転をしているのか?このひとの場合はテレビを観ていました。私のアイポイントからだと、このクルマ(AQUAだった)のリアウインドウから、そのテレビの様子が見えました。並走する場面も有ったのですが、やはり見入っていましたね。信号待ちでは凝視していた。

降りて行って注意してやろうと思ったのですが、そう言う長い時間止まる信号がなくて、それはかなわず。一番右の車線でこれはないだろう。これの延長線上に、煽り運転があるのでしょう。いや、今の変な空気からいったら、パッシングそのものが煽りって解釈にされるかもしれない。悲惨な事件が引き金になってはいるが、あれは特殊なケースだ。煽り運転に合わない方法は簡単である。煽られない運転をすればいいだけです。自分で道路のペースをリード出来ないのなら、左側を走ればいいのである。具体的にいうと、スマホやテレビを優先して運転(もちろんダメな事だけど)したいのであれば、端っ子にいろって話だな。

そんなか、同業者同士のトラブルです。最後にYahoo!ニュースより引用しておきます。細かい事情はわからないから、ここに至る経緯はとりあえず無視します。金属の棒で殴って、トレーラーを置いて臨海トンネルを逃げた…何ともお粗末です。とりあえず頭に浮かんだ事は、落とし所は何処なのか?って事ですね。お互いの実害って事です。

トンネル内で交通トラブルか、金属の棒で頭殴る

東京湾のトンネルの中で、トラック運転手の男が別の運転手の男性を金属の棒で殴りけがをさせたとして、逮捕されました。

午後3時半ごろ、「東京港臨海トンネル」の中でトラックを運転していた自称・中国籍の男(41)が別のトラックを運転していた男性(30代)の頭を金属の棒で殴りました。男性は重傷を負いましたが、命に別状はないということです。

2人はトラックから降りて車道上で口論していて、殴った男はトンネルの中を逃げているところ警察官に傷害の疑いで現行犯逮捕されました。男は「運転中に文句を言われた」と容疑を認めていて、警視庁は交通上のトラブルから口論になったとみて調べています。(26日18:48)

Yahoo!ニュースより引用

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする