カーオーディオ交換

昨日の日記でも書いたが、カーオーディオの交換です。6000円弱で、私の物欲を満たしてくれる物が見つかったので、購入に踏み切りました。

病院へ行って、散歩から帰ってくると、Amazonから到着していた。Carrozzeria MVH-3300です。パッと見の最安値でした。ワイドFM/AUX/USBが購入の条件だったかな。以前の物はUSBとワイドFMが無かったからね。中国製かと思ったら、インドネシア製でした。好感度アップです。

昨日、ここまでやっておいたからね。ってか、自分で簡単に外せるから、オーディオの購入に踏み切ったんだ。ややこしい物だったら、工賃がかかるから買わないよ。

ソケットも前の物がそのまま使えると思ったら甘かった。ギボシをひとつずつ外して、新しいソケットと差し替えましたよ。ETCの事を忘れていて、あれ?と思ったが、それほどじたばたする事も無く配線?も完了です。

こんな状態です。取説を殆ど見る事なく、セットアップ完了です。第一印象をダラダラと行きます。ワイドFMに関しては、この時点ではメリットを感じません。AMでも充分に入るし、音質も違うと言えば違いますが、今はradikoもあるしね。ありがたみは感じません。あちこち行って、安定して受信出来る事が確認出来てからの物かな。

もうひとつのUSBポートからiPodを繋ぐ案件ですが、これも使わないかな?iPodとMVH-3300を繋ぐとすぐに認識してくれる。認識してくれるのはありがたいが、iPodの制御が、iPod本体でできなくなる。MVH-3300の方でしか出来ないのだ。この1DINのディスプレイで、プレイリストや、無数にある曲を呼び出すのは至難の業である。却下です。今まで通りAUXで繋いで、iPod本体で制御します。

別に驚かないけど、盗難防止でこんな風にフロントが外れます。以前もこうなる物を使っていたので、あ〜そうですか…ってなもんです。イタリアでは駐車してクルマから離れる時、ラジオを外してから下りると聞いた事があります。これは現地に行った人からも聞いているので本当のようです。イタリアでは役に立つのか?日本では6000円のラジオはそうは盗まれないと思います。

で、ここで気が付いた事。このMVH-3300はCDプレイヤーが内蔵されていないと知りました。お前買う時に、そんなことも確認しないのか?と思われるかもしれません。はい、確認しませんでした。何故なら、全く使う予定が無いからです。事実、昨日まで使っていた、Pioneer DEH-320はCDプレイヤーが付いていましたが、何回CDを聞いただろうか?ライブハウスの帰りにCDを買って、試聴してみるか?そんなシチュエーションが何回かあったかな?そんなもんです。

Pioneer DEH-320を購入した時(おそらく9年くらい前)も、CDプレイヤー無くして、もっと安く作ってくれないかな?なんて言っていたしね。むしろ理想的なカーオーディオです。ワイドFM/AUX/USBが購入の条件と書きました。取付けて思った事は、USBはどうやら使いそうにない。ワイドFMは、何処かで役に立つでしょう。AUXは今まで通りで、頻繁に使うでしょう。そしてCDプレイヤーが付いていなかった事は、むしろ嬉しい誤算か?余計な物が付いていない事はいい事だからね。これ以上の物は必要なしです。長持ちしてくれる事を願うのみかな。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 奥戸商会 より:

    四半世紀前にカメアシをしていたころの海外向けカーオーディオは折り畳み式の取っ手が付いていて、外皮を残してがっぽり抜ける構造でした。カートリッジ式HDDと同じ感じです。

    『そういう構造になってますよ』っ説明写真も撮るので、誰が手タレをやるかで同僚のN君とじゃんけんをしたりしました。