カーオーディオのどうでもいい話

昨日(2017/02/20)から今日にかけて、新しく取付けたカーオーディオの動作テストをした。ちょっと大袈裟か。USBメモリに対応しているので、実際に聞けるか?ってな話だけです。まず最初に、iTunesのライブラリーから音源をコピーして、MVH-3300にさしてみた。

ERROR-23と出る。これは知らべてみると、フォーマットに問題があるようだ。USBメモリをフォーマットし直して、再び音源をコピーする。すると今度はNO AUDIOと出た。iTunesで管理している音源なので、MP3ではない。この辺が問題のようでした。

今日(2017/02/21)になって、MP3音源をコピーして試してみると、あっけなく再生出来ましたとさ。こっちの方もどれだけ使うかは未知数。やはりiPod+AUXが一番いいかな?AUXは汎用性があっていい。スマホのようなデジタル機器と、従来のオーディオ機器との接点だな。

環境設定のようなものはこれで終了です。ちょっとだけ使った印象など。別に思った通りです。普通に使えます。スペックを見て買ったわけだから当然ですがね。通勤路の範囲でしか試していないけど、ラジオはワイドFMの方が、受信状態が安定している。市川市内でもそうだ。投資した甲斐はあるかな。

あとひとつ注意点です。このMVH-3300はBluetooth対応ではありません。私の場合、あくまでもiPod 5G 60GとiPod classic 160Gで使う事しか考えていません。スマホからBluetoothで接続したい人はダメですよ。しかしこれが6000円かぁ〜いい時代なのか?俺はナビなんか全く興味ないから、この必要にして最小限のカーオーディオで充分です。

追記

MVH-3300の前に使っていたPioneer DEH-320ですが、無事に三沢の福臓君のところに届いたようです。オークションに出しても、3000円の値段は付かないでしょう。だったら有効活用してくれる友人にあげた方がいい。DEH-320の売り?はCDプレイヤーが付いている事か?今の最廉価版は、CDプレイヤーが付いていないからね。でもなぁ〜今の時代カーオーディオに、CDプレイヤーを必要としている人ってどのくらいいるのだろうか?HDDナビなら、音源をコピーしておけるメリットがある。だけどこのクラスはなくていいだろう。福臓君のところでも、CDを聞かないんじゃないかな?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする