2015年10月の日記

10月1日(木曜日)

VWの事が相変わらず気になる。この日ネットで見つけた記事。

http://business.nikkeibp.co.jp/atcl/report/15/110879/093000094/?ST=print

この記事を読む限り、ニュアンス的にはVWのみがこの不正を行っていた感じだな。俺はそう捉えた。そして何よりも、4年前にトヨタが指摘していた事だ。だけどスルーされて、ヨーロッパではなく、アメリカから問題勃発。これ、ドイツ経済に相当な打撃を与える問題だ。それと俺は未だに、PSAやフィアットグループのディーゼルエンジンも?と思っている。フランス当局がチェックするような事を言っていたが、早く明らかにして欲しい。

文春でも、福山雅治・吹石一恵のビックカップル誕生についての記事が出ている。堀北真希が結婚した時、「俺と結婚する予定だったのに…」そういう声はあった。酷いのになると、相手の山本耕史に対して「あんな女ったらし…」みたいなやっかみもあった。その程度は有名税か?

そして今回、福山ロスがあちこちで言われている。一番印象に残ったのは「吹石一恵になら勝てたのに…」これは女性的な発想だなと思った。山本耕史になら勝てたとは聞かない。この相手に目が向く構造は、女性的と決めつけるのは、俺が古い人間だからか?まぁ〜どっちでもいいが、吹石一恵に勝てる女性ってのを見てみたいもんだ。(文中敬称略)

10月2日(金曜日)

前の晩から白河に向けて走った。今週のたまむすびのPodcastを聞いていたのだが、なんとも残念な事がひとつ…竹山ガム買ってきてのコーナーです。リスナーからの疑問質問に答えるっていう企画です。今回はRADIKOの録音をどうやってするか?その解決編でした。写真は関係ないけど、デバン先の手前のコンビニで待機中です。

実はこのリスナーからの質問に、俺も解答編として投稿していた。ラジ録を使った方法と、おまけ的にRadio Server VJ-10を使った方法です。この手の事は強者が多いから、俺は採用されないと思っていた。実際に、このコーナー最多の回答数が寄せられたのだ。採用はされなくとも、強者たちの事情を知る事が出来ると思ったのですが…

RADIKO公認のアプリがない事を理由に、ラジ録のようなアプリを使った方法は紹介されなかった。大人の事情とも言っていたが、昔のようにエアチェック(死語)がはびこるのを嫌がったか?音楽関係の著作権に配慮したのかな?

結局紹介されたのは、RADIKOの放送を聞けるデジタル機器から出力させ、ICレコーダーに録音させる方法だ。これがデジタル的な方法。

あとは、ICレコーダー機能が付いたラジオで、音源を確保する方法でした。それならRadio Server VJ-10(この型番にこだわる事はないが)を紹介しろよ!!留守録も出来るんだしね。ちょっと消化不良な放送でした。このコーナーを楽しみにしているだけに残念。

車庫に戻ってくると、猫の餌場にタヌキが現れている。会社に来るのは知っていたし、車庫を出てすぐの所で何度も遭遇している。ただ猫の餌を漁っているのは初めて見た。警戒心が強く、少しは近付けたが逃げてしまった。しかし乾燥したキャットフードって、タヌキは好まないと思うのだが、バリバリ食べていた。まぁ〜良いけどね。

猫の方は、8匹確認した。耳に切れ込みのある、元飼い猫あるいは餌付けされていた猫はよくなつく。他は手に餌を取って直接食べさせると、近付くが触らせてくれない。序列があるのか、餌の皿に寄ってこないし、こっちから餌を持って行っても逃げてしまう猫もいる。根気よく手なづけるかな。

10月3日(土曜日)

El Capitan(エルキャピタンと読むらしい)を、昨夜ダウンロードしながら寝た。起きると既にインストールまで終わっている。出社前に軽くセットアップ。

まずはログイン。昨日のTwitterで、El Capitanでログインできない症状が紹介されていた。でも俺の場合は、これに当てはまらないようだ。やれやれ。

そして配布開始直後(ちょっと間をおくようにしている)なのに、俺がバージョンアップした理由はメモの同期だ。すぐにバージョンアップしないと言いつつも、iOS9も割と早くやった。その時にメモを開いたのだが、バージョンアップを促す表示が出てきた。iOSを上げたのだから、当然の如くそれに従う。こっちは待てばよかった…このメモのバージョンアップをしたため、Yosemiteではメモの同期が出来なくなったのだ。後で検索をかけてわかったことです。ちゃんと下調べしろよ俺!!

Mac側でメモを開けると、iOS9の時と同じように、バージョンアップを促す表示が…あっという間に終了して、すぐに同期してくれました。やれやれだな。El Capitan(Yosemite国立公園にある花崗岩らしい)のその後どうなるかは、何かあったら書きますね。

車庫に戻って来たのが13:00。これなら行けると思い、チャトラ自動車に連絡を入れて、高速を飛ばしました。土曜日の高速は相変わらず嫌な感じで、ずっと右側を走る奴…あ〜いいや,そういう愚痴は…

国産車ってこんなものか!!ってなお値段で車検終了。そして思い立ってドライブレコーダーを取り付けてもらいました。

こんな感じね。“コムテック 衝撃録画対応 常時録画ドライブレコーダー日本製 HDR-101”です。シガライターからとれる簡単な配線が付いていましたが、別売りの配線を買って、ちゃんとやってもらいましたよ。一応ここに取り付けたけど、多分変更するな。ルームミラーの裏側につけるのがベターかと思うけど、収まりが悪い。あまり深く考えないで購入したんですよ。

帰り道の画像を確認しようと、マイクロSDを差し込んでみたが、Macでは認識しない。取説を読むと専用ソフトで、Windowsにしか対応していないようだ。ようござんすよ。我が家にもガラクタレベルだけどWindowsマシーンがありますからね。観る事が出来ました。ドライブレコーダーの購入が、どういう影響を及ぼすか?悪い意味で役に立ってしいませんように。

10月4日(日曜日)

何とか復活。細かなものを購入したかったので、秋葉原に足を向ける。この街も随分と変わったけど、まだまだ足を運ぶ価値はあるのよね。おおまかに言って,区立昌平小学校がある一角です。僕がエアチェック(死語)デジタル版シーズン2用のDynabookを買ったのもこの一角だしね。主にコード類を物色していたのだが、こちらは完璧にそろいました。

で、多分ダメだろうと思ったけど、やってみたかったのがこの実験です。モバイルバッテリーとドライブレコーダーを接続させて電源を供給する。ダメでした。やはり電圧が足りないのかな。まぁ〜コードは170円でしたので、大人の実験としてはお安いものだと思います。

そして余計なものと思いつつ、iPad用のアームスタンドです。使い勝手が良さそうなものを選んだつもりが…想像以上に出来が悪かったです。部屋のオブジェとして,役に立ってもらいます。まぁ〜こんな休日もありますよ。

10月5日(月曜日)

相変わらずな日々だけど、気力がわかない。かれこれ20年近くの付き合いになる、K女史とTwitterで昔話をした。一時期固定メンバーでチャットをやっていた仲だ。それから、Mac関連の事もやり取りしたな。細くても繋がっていられるってのは良いもんだ。でもネット関連の事で20年近くの付き合いか…月日が経つのは早く、年を取るわけだ。

大井埠頭で見た,ちょいと珍しいクルマ。Googleストリートビューのクルマかと思った。何やら調べてみると、ロボット関連の会社らしい。誰か情報を持っていたら教えてくれ。

10月6日(火曜日)

相変わらず冴えない日々。38さんから音沙汰が無いから、お伺いをたてる。なんでもモニターと俺が渡したパソコンが繋がらないとか…結局、去年買って放置してあった俺のモニターを売る事に。やはり一筋縄ではいかない。

古河の倉庫に餌付けされている猫。うちの会社の車庫にいる猫同様、中途半端になついている感じだな。ちょっとピンボケ。

ノーベル賞の号外。前日の夕方から騒いでいたが、凄いことだよね。難しい事は分かりません。

10月7日(水曜日)

午前中は早めに着けて、昼まで爆睡でした。詳細は裏に書く。昨日の分の日記で書いた、38さんにモニターを譲る件。待ち合わせ場所は、NYK VPの並び。番取りの形で、待っててもらう段取りをした。38さん自身も大井埠頭なら…と言うし、効率がよろしい。結局並びはなくて、手短に要件を済ませて終了です。

それがこのモニター。去年の夏にMac mini 2011 MIDが壊れた。最初は症状からいって、モニター逝かれたと思い買い替え。1万円少々の安物だ。ところが、改善されない。結局、マザーボードがダメで全損だったのだけどね。それでMac mini Late 2012に買い替えて、元のモニターを使うことになった俺。このモニターは、実質未使用のまま放置されていたものです。行き先が決まってやれやれだな。

居候243号さんが、捨てようと思っていたパソコン二台とカメラを俺が貰った→カメラはダメだったけど、一台でも使えるようになればと、中古パーツとOSを買い集めて奥戸商会くんに丸投げ→hpのパソコンはそのまま使える目処が立つ→NECは液晶のバックライトが死んでいて、外部モニターに接続して使える状態に→こっちは適当に放置して,オークションか?と思っていた所に,38さんのパソコンが壊れる→仕上げた男は優秀で、変なエラーは出ていないと言うが、元は燃えないゴミだ→世間ではこれを夜店のカメと言う→つなぎとして使えればいいと言う38さんが引き取る→どうやら使い出したようだ→結構エコだよね?

iPad Air 2の背面カバーが割れちゃったので、Amazonに同じものを発注した。昨日届いていると思いきや、届かない。調べてみると、一番遅くて10日の到着になっている。ヤマト運輸のDM便だ。よくよく調べてみると、大阪の倉庫から発送されているようだ。そしてヤマト運輸曰く、関西と関東のDM便は、四日かかるらしい。でもプライム会員にはならないよ。

連日、ノーベル賞の号外とはね。凄いということだけは、私にもわかります。

10月8日(木曜日)

こっちもあんまりいい状態じゃないの上に、訃報である。ちょっとだけ年上の友人の訃報。最初に病気が見付かったのは去年の春か?治療の方法を聞いて、経過を見守りながら見舞いに行って、まぁ〜本人は苦しいけど治るんだろうな。そう思っていました。もちろん俺だって色んな人の死を知っている。最悪の事態を考えなかったわけじゃない。ただ何度も言うように、治るから手術もするわけだし、実際に退院して見た目は普通の生活をしていた。それが夏前からちょっといやだなと、俺の方が思い始めて、今回の訃報となったわけです。

車庫に着くと同時に知らせを聞いて、関係各位に訃報を流す事になる。何とも辛いです。ここひと月くらいは覚悟を決めていたし、訃報そのものに驚きはなかった。だけどやっぱり現実である。訃報を流しただけなのに、俺に連絡をくれる人もいる。俺は現実的で冷たい男だから、踏ん張りますよ。通夜に出る事しか出来ないかもしれないけど、忘れませんよ。あなたの事をね。

10月9日(金曜日)

仕事絡みの電話が多かった1日。あれやこれやバタバタしていたな。気持ちが落ち着かないのと、悲しむ余裕がないというか…これはそっち系の連絡が忙しいのではなく、別の理由ですがね。

写真は郵便局の軽自動車とバイクの接触事故。詳細は分からんが、近くにいた白バイが駆けつけたところのようだ。ここは郵便局の車両の出入りが多い。そして交通量も多く、信号が赤になるとクルマが溜まりやすい。ガードマンがいるけど、どうなんだろうか?よく通るけど、嫌な場所です。

ちょっと年上の友人の、通夜と告別式の日程が決まった。この連休中に行われる。俺にとってはありがたい日取りだ。何かこうなると、逝っちゃう時期も気が利いているじゃねえか。そう思える。ちょっとたまらないね。何が出来るわけじゃないけど、この連休を乗り切ってから、故人を思い出しながら悲しみますかね。

10月10日(土曜日)

あっという間に仕事が終わる。これなら間に合うなと思い、裏ルート?を使いチケットをゲット。フォークソングが流れる街を観に行く。フォークシンガーが7組集うコンサートだったのだけど、こんなに良いとは思わなかった。以前これより大規模な同様のコンサートがあった。その時は誰がダメと言うわけじゃなくて、とにかく退屈でした。その退屈さを払拭してくれたのが大塚まさじさんでしたね。もちろん俺の目当ては別の所だったのだけど。

ところが今回は、実に良かった。一組一組が良かったし、退屈どころかどんどん引き込まれて行った。ぶらっと行ったコンサートだったけど、大当たりです。

終わってから反省会。ホッピー・底無沼泥子・浜田伊織・雲丹・かんちゃん・がこ(全て敬称略)・池田龜太郎の面々。時期が時期だけに、献杯で始める。相変わらず話しは多岐にわたるけど、結局は先に逝っちまった仲間の話題です。この連休でお別れです。

10月11日日曜日

朝から何をやっていたんだっけ?雑用で終わったんだろうけど、覚えていない。リアルタイムで12日の21:20。ちょっと早いけど、本八幡駅15:30集合。宣教師君・がこちゃんをピックアップ。そのまま市川大野駅に向かい、弘子姉ちゃんを拾う。早めに到着して、俺は駅前で待機。

時間が近付くにつれて、大勢の人が集まる。本当に大勢のひとが集まった。人柄が出ていたよな。そして俺にとって、こういう若い人の通夜・告別式は初めてです。普段から、結婚式よりも葬式の方が好きなどと悪態を付いています。でもあきらかに、早すぎる死の葬いは想像以上にきつい。

せめてもの救いは、本当に故人を偲んで大勢の人が集まり、送り出してあげよう、お別れしようという気持ちに満ち溢れていたことか?そんなこと言ってもしょうがないけどね。

告別式にも出るつもりで算段をしていたら、火葬場まで同行させてもらえることになった。文字通り、骨を拾うわけです。最後までおつきあいさせてもらいます。

10月12日(月曜日)

告別式。10:00に本八幡駅で、酔い助さんとがこちゃんをピックアップ。前の晩の23:00前に、がこちゃんをここで降ろしている。ご苦労様です。当たり前の告別式が執り行われ、火葬場まで同行させてもらう。本当に最後のお別れになり、重い扉が閉まる頃、フォーク大集会で日輪(HINAWA)が流れていたようだ。そして文字通り骨を拾ってきた。なんともやるせない。

木曜日の宵の口に逝っちまった。金曜日の夕方に、俺の所にも通夜と告別式の日程が届く。1日空けて、その空いた日にコンサートに行ってみんなと話して、何となく心の準備が出来る。この連休で済ませてくれるなんて、逝っちまう時まで気が利いているよ。二日間で何度も顔を見てお別れした。見る度に辛かったな。

故人との出会いを、改めて紐解いてみる。初めてまともに口をきいたのは、2003年6月22日(日曜日)のまっかちん仮面のオフ会。この年の3月に番組は終了していて、いわば同窓会的な集まりだ。お店の手配や連絡を俺がやったのだ。そして一組の夫婦から、出席したいとのメールが届いた。面識が無い人だった。でも会場で会ったら、MANDA-LA2で何度も観ている人だった。そこから付き合いが始まったわけです。

俺が出て行けない時期もあったから、2年くらい会っていない時期もあったかな?それでも、俺の個人的な友達とも付き合いが出来るような間柄になった。そんな状態で足掛け12年か。弟さんとも付き合いが出来たし、広がったよなぁ〜

まっかちんリスナーとしては付き合い始めが遅かった。だって番組が終わってからのオフ会からだもの。その理由は簡単で、俺たちと同じQR難民でまっかちんリスナーになった。ただ俺なんかは、QRリスナーの繋がりがあったから、まっかちん仮面の情報が早かったんですよ。故人はそれを知らずに、二年以上時間が経ってしまったようだ。聴き始めたのは番組が終わる半年前で、アシスタントが横山明日香さんになってからだと言っていたな。それを悔やんでいた事もあったっけ。今日はこの辺でやめておきます。辛くなってきた。

10月13日(火曜日)

慌ただしい連休が終わり、日常が戻ってきた。慌ただしい…本当はそうじゃ無いけどね。骨を拾って一夜明けたら、別の喪失感である。それにしてもこんなblogでも、お通夜の様子をちょっと書いただけで反応が凄い。やっぱり人柄だな。これ、引きずるな。切り替えよう。

いつもの有料配信メールが届く。雑誌を買おうとして、立ち読みの連中に注意した。大雑把にこんな状況だったらしい。そしたら胸ぐらを掴まれたらしい。随分端折っているけど、そういう事にさせてもらおう。警察に行こうとしたら逃げられたらしいけどね。

実はこういう状況は、俺も結構起きている。ちょっとごめんよ…と入って行き、ずれてくれればいのだが、酷い奴だと舌打ちをする。ここまで来ると「買うの?俺買うんだけど、こっちが優先じゃ無いの?」これで大体収まるけどね。

こういう事にならない様に、基本的に人混みを避ける。コンビニでの買い物は、早朝に済ませる様にする。映画館は極力レイトショーや午前中の回を選ぶ。とにもかくにも、あの離島のバカどもと、世間で出会わない様にする感覚かな?一通のメールでそんな事を思ったのでした。

帰宅したら頭痛がしてきた。風呂に入って、雑用を最低限にして就寝でした。

10月14日(水曜日)

相変わらずである。全てにおいてね。イライラも相変わらずだけど、それよりも別の感情が先立つのである。あっという間に逝っちまった、ちょっとだけ年上の友人のことです。これ以上考えてもしょうがないのにね。

帰宅して相棒14を人並みのテレビで見ながら、hpのパソコンでblogを更新。2007年1月発表のhp G5000はWindows10でサクサク動いています。日本語変換もなかなかのもんじゃない。かわせみ程じゃないにせよ、IOSの日本語変換能力よりもいいかな?

こんな感じで使っています。居間トップとでも名付けようか?この写真はGX7で撮影です。Photoshop Elementsも入っているし、当分使えるか?居候さんから貰ったパソコン…多少中古パーツを買って金をかけたけど、こりゃいいね。

10月15日(木曜日)

今日も相変わらずである。日々単調。それが俺にとって、何よりも平和な証拠だ。本人にとって重大ないらつきは、別の事によってかき消されている状態です。

木曜日なので、文春の発売日。今週気になったのは、野球賭博の事です。俺が知っていたのは以下の通りです。日刊スポーツより引用。

巨人は5日、東京・大手町の読売新聞東京本社で緊急会見を開き、福田聡志投手(32)が野球賭博に関与していたと発表した。今年8月から9月にかけ、知人男性A氏の誘いに乗り、夏の甲子園大会、巨人戦を含むプロ野球、米大リーグの試合を対象に賭けを行っていた。負け額が百数十万円に上り、A氏が川崎市のジャイアンツ球場に取り立てに訪れ、発覚した。球団は福田を熊崎勝彦コミッショナー(73)に告発する。A氏を紹介した笠原将生投手(24)とともに、謹慎処分とした。

でも文春の記事はA氏の言い分が載っており、随分と違う事が書かれている。これ、トカゲの尻尾切りで終わるのか?平成の黒い霧事件となるのか?ちょっと目が離せないな。

帰宅して、通夜の写真を整理する。ダメだ。祭壇の写真をずっと見てします。気が付くと何分も経っている。写真の事で確認したい事があったので、ふたりの遺族と電話で話す。つまらない事を気にしているようだったので、そこは気にしないで欲しいとだけ伝えておいた。とにかくふたりの声が聞けたので、嬉しかったよ。

10月16日(金曜日)

相変わらずな日々である。イラつく事と、喪失感が混在している。仕事の方はテキトーな距離を走って、現場でたっぷり寝て、そして東京港に戻って来て…温い部類に入るかな?

吉田照美 飛べ!サルバドールでも紹介されていた、毎日新聞の記事。早い話がデジタル世代の若者でも、パソコンは使えないでスマホだけってな話です。ちょっと前にTwitterで、新卒の社員がパソコンを使えないって話を聞いた。この時もダメな奴と思ったが、この使えないってレベルがスタンダードなようだ。貧困も絡んでいる側面もあるようだが、親世代がパソコンに理解を示さないとも言っている。この部分はなんとなくわかります。生理的に受け付けられないのか、真っ向から否定する人って多いですからね。

でもなぁ〜今時どんな会社でも、机に座ったらパソコンがあるでしょう。メモと電話だけって、ちょっと考えられないのである。高卒にしろ大卒にしろ、パソコンの前でフリーズしているようでは困るよ。って、これが日本の教育レベルの現実なのか?

この手のものに対して、まったく関わらない事を貫ければ、それはそれでよろしい。だけど持っていて、あれはダメこれは出来ないという輩が多すぎる。それのわかりやすいパターンがこれか?スマホはLINEとゲームが出来るけど、パソコンの前ではフリーズする。頭が痛い現実ですね。

10月17日(土曜日)

午後からのデバンの仕事がついた。ゆっくりと起きて、チンタラ走って…ちょっと早めに着けたけど、作業は時間通りでした。

会社の車庫にいる猫が、どんどん増えている。小まめに餌を買っていた同僚ドライバーは、切りが無いと言っていました。随分前から何匹か居着いていて、代替りじゃないけど、違う猫に代わったりしていた。俺がちょっと前に聞いた時は7匹に増えていたが、餌をやり始めた頃には8匹になっていた。それがまた一匹増えて9匹いるとか言っている。俺が行くと近寄って来るわりには触らしてくれないし、粗暴な面もある。唯一、去勢手術をしてある奴が愛玩動物らしい。他は人間に上手く取り入ろうとする、野良である。別に貶しているわけじゃないですよ。本来の姿だ。

そんなわけで、なかなか写真も撮り難い。ちょうど猫のたまり場の所に、骨シャーシが置いてあった。ここに餌を置くとひょいと上ってくる。猫なんだからそれくらいは当然だけどね。この写真の猫が、去勢されていると思われる猫です。一番近寄ってきます。

自分の家で買うわけじゃないけど、俺が猫に餌をやる日が来るなんて、地球滅亡も間近か?動物を虐待した事はないが、居着いている猫に餌を与えるなんてね。

10月18日(日曜日)

久し振りに歩いた感じがする。くだらない散歩でも、俺にとっては大事な日課だ。自分のペースで歩くのが好きなんですよ。安い趣味だな。

近所の農家の柿の木に実が生っている。きっと渋いのではないか?と想像する。カラスに食われている形跡もないしね。

久し振りにお目にかかるような気がする。中山法華経寺の猫様。あまり近付くと逃げるけど、それなりに人に慣れている。この程度の写真は撮らしてくれます。

もうあと二週間くらい経つと、この葉っぱが色づく。子供の頃から知っているけど、この踏切好きなんですよ。京成八幡駅の近くです。

そして今回は来るのが遅くなってしまった。浜松町駅ホームの小便小僧様です。いつもの代り映えしないアングルで撮影です。ここはホームドアの設置工事が始まっていない。ありがたい事だが、そのうち始まるだろうな。

GX7の初出勤だった。基本、GM1と同じセンサーだし、設定等も同じ。そういう意味では使いやすい。そんな感想しかないです。

色々いいたい事はあるが、疲れている。というか、落ち込んでいる。整理がつかない。仕事をやっている時だけが忘れられる。おめりこの兄貴と、やまかがしさんが言っていた事がよく分かる。近しい人がいなくなるのは、やはり辛い。

10月19日(月曜日)

思いっきり暇モードで、土曜日のような上がり時間だ。困ったぞい。給料にもろに影響するからね。どうしたもんかね。

明るいうちに戻って来たので、猫に餌をやりながら写真などを撮る。どうもこいつらはカリカリよりも、缶詰めの方が好きなようだ。皆に均等に与えようとするが、力関係があるようで上手く行かない。

まだ骨のシャーシが置いてあったので、そこに置いてみるが、すぐには上がってこない。俺を警戒している。いつも餌を与えているじゃん。かわいくない。もうしばらく餌を与えて馴らしてみるかな?この黒猫、なかなかしたたかである。

やっと届いたGX7用のパチ物バッテリー。充電器はGM1と同じものだが、バッテリーは別物です。一応、Amazonの評価を見て買いました。GM1も似たようなサードパーティー製を買って、問題なかったので大丈夫だと思います。

商品が到着して数時間経っているのに、まだ輸送中の表示。11日に発注して13日に発送。普通郵便でこんなに時間がかかるか?どこから発送したのか分からんが、ちょいと驚きです。プライム会員じゃないと、この程度なのね。

あっ!!忘れていたけど、到着する少し前に、この店の評価をしてくれとAmazonからメールが来た。しょうがないから、この店に連絡するを選択して、まだ届いていない事を報告。もうどうでも良いけどね。

10月20日(火曜日)

何とも平和な日々。たっぷりと寝て、東京港に戻って来た。それだけの事です。 帰りは白山通りを通ったのだけど、ここでQRの中継車に遭遇。そう言えば大竹まこと ゴールデンラジオ!で、タブレット純さんが巣鴨から中継していたっけ。その帰りだな。

車庫に居ついている猫に餌をやるが、どうも可愛くない。ヒエラルキーが下の猫に与えようとするが上手くいかない。そうこうしていると、俺によこせと言わんばかりに、俺の手を噛みやがった。白黒の子猫が一番凶暴だ。

10月21日(水曜日)

相変わらずな日々である。待機時間があると、あれやこれや考え込んでしまう。先に逝っちまった、ちょっとだけ年上の友人の事ばかりではない。ただ影響は大きいよ…

足立区に行く途中で通った、明治通の曳舟駅付近。信号待ちで撮影です。6月18日の日記では、まだ下り線が踏切だった。その下り線も効果になって、線路もはがされている。ここの渋滞を考えなくていいのは助かる。

こっちが6月18日の写真です。別に何でもない風景だけど、30年後に見返すと何か感じる物があるでしょう。それまで生きていればの話ですがね。

今日はバックトゥーザヒューチャーの設定で、出て来た日だそうです。30年後の2015年10月21日…それでここ数日は、テレビなんかであの頃の未来像と、現在を比べる企画が目白押し。それはそれで面白い。30年後の踏切って、どのくらい残っているのだろうか?

糞生意気な猫たち。俺の視界に入ってくる以上は手なずけたい。でも基本的に動物って好きじゃないからなぁ〜何回も言うけど、虐待したりするタイプじゃないですよ。

10月22日(木曜日)

相変わらずな日々だ。特に何もなく、一日が終わった。そして知らぬ間に寝落ち。だめだこりゃ。

10月23日(金曜日)

年間を通しての検査結果の絡みもあり、平日だけどお休み。一番は親分の45執念コンサートがあるからなんだけどね。一通りの用事をやっつけて浅草公会堂へ。ま、この辺の詳細は別のところでね。

やっぱりミニってのは今みても良いな。この大きさも然りです。浅草って場所に停まっているのも良い。

とにかく良いコンサートでした。一部の最後に唄ってくれた日輪(HINAWA)は神懸かりな出来だったと思います。この感覚は説明のしようがないけど、俺がそう思ったんだからしょうがない.2009年3月21日に浅草芸能大賞奨励賞の授賞式があった。この時披露した、四月十日の詩も神がかっていた。この場に立ちあえた事の幸せを感じます。

10月24日(土曜日)

休日出勤的な仕事でした。二人しか出ていなかった模様です。どうも俺の方は塩梅が悪い。細かな事が気になってしょうがない。デバンに行った先でも、ここ曲がれるか?なんて必要以上に考えてします。あ、そういうこと書くと、またあそこのばかに隙を与える事になるな。

帰庫して猫に餌を与える。俺が猫缶を出すの知っているもんだから、何奴も此奴もそわそわしている。そのくせ相変わらずなつかない。今日は此奴にひっかかれた。別の猫にやろうとして器をずらそうとしたら、思いっきり爪を立ててひっかくのである。出血しました。酔いさん・たまさんの言いつけを守り、よく洗って消毒しておきましたけどね。癒しにならない猫である。

10月25日日曜日

たっぷり寝て起きて、またうたた寝。そんな午前中を過す。これじゃぁ〜まずいと思い、軽く散歩。殆ど珈琲を飲みに行くために出たようなもんだけどね。その珈琲をDoutorで飲んでいる時に、ちょいとTwitterでのやり取りが弾んだ。CANONのT-70の取説についてだ。残念ながら、ちょっと検索したくらいでは出て来ないようですな。それにしてもT-50とT-70かぁ〜俺はCANONに縁が無いから、ピンと来ない部分もある。だけど検索をかけて、このカメラについての評価を見ると当時を思い出すのだ。今、これらを使うのは、なかなかクールだな。

写真は中山法華経寺の境内。まだ葉っぱは色づいていないな。今日はここいらのネコには会えずじまいでした。

映画最強のふたりをDVDで観賞。こりゃいい映画だし、面白かった。やっぱり劇場で見たかったな。実話を元にしたって言うけど、このふたりの関係性が羨ましい。

10月26日(月曜日)

相変わらずイライラな感じだ。色んな意味で気持ちが落ち着かない。そんな中、何とも平和な、カメラ関係のやり取りをした。それも二人とね。一人はファインダーの無いミラーレスを使っていて、ファインダーが欲しくなったとか。これって写真を撮っている証拠だよね。良いことだ。

もう一人は、素人ながら舞台写真を撮りたいとか言われていた。俺がゲットする前から、GX7を勧めてはいた。その事で、twitterのメール機能でゴチョゴチョ…舞台写真を撮るなら、望遠レンズは必須アイテム。ただ私同様、明るいあのズームなどは高嶺の花。結局、ボディ買って、あぶれたWズームセットのレンズを物色すればなどと言っていた。

ところが、マップカメラにGX7のWズームセットが店頭にあるというじゃ無い。楽天のマップカメラにも出ていて、確認しました。40-175って望遠ズームが良いじゃ無い。オリンパスのよりも、25mm長い。350mm相当だな。それに値段も、6万円を切っている。俺には無用の長物だけど、初めての彼女には打って付けだ。値段も俺が買った時くらいが底値だし、早く決めろと伝えておいた。さてどうなるか?

この手の話は他人事ながら楽しいね。まず、揉め事になることも無いしさ。そう言えば、日曜日はCanonのT-50とT-70の話で盛り上がったしね。写真はA2です。どうでも良いけどね。

10月27日(火曜日)

2本目の仕事が遅いVAN詰めだった。そのまま車庫に戻ったのだが、帰庫寸前に雨が降って来た。天気予報通りだが、ここまで遅くなるとは思っていなかったので、カブで出勤していた。春雨じゃ無いけど、濡れて帰るしか無いか…そう思ったけど、雨が上がり濡れずに済んだ。やれやれ。

やっぱり一面はこれだよな。保険金目当てで自宅に放火して、我が子を殺したことになっていた、母親と内縁の夫の釈放です。この事件は、俺自身あまり記憶に無い。そう言えば…程度の事だ。ちょっとだけネットで調べたけど、やっぱり捜査がずさんで、裁判所も機能しなかったんだな。それが俺の印象です。

どうやら、この火事は事故のようだ。クルマからガソリンが漏れて引火した。これを引火したのではなく、故意に火をつけた事になっていた。この状況で実験すると、逃げるのは不可能って事が分かって、再審請求が通って…捜査の段階や、一審で何とかならなかったのかな?ならなかったから、こうなったのだけどね。

それと保険金目当てって言うけど、亡くなった娘さんが、死亡時に下りる保険金は1500万円。これをあたかも、子供に高額な保険をかけて…という輩がいるが、そのくらいの保険は俺が子供の頃にも入っていたんじゃ無いかな?

ほとんど厄除けのように入る、県民共済のようなものがある。通学時に事故にあったら、学校で体育の時間大きな怪我をしたら…そんなノリの保険に入っていた記憶は誰もがあるんじゃ無いかな?当然、死亡時にいくら下りると記載されている。我が家なんか平気で「お前が死んだら…」なんて話をしていたよ。それこそ書き換えの度にね。

この保険金を請求した事についても、保険金目当ての…となったようだ。火事で家が焼けて、もう一人子供がいて、生活を立て直すのであれば、貰えるものは何だって請求するでしょう。それにさっきも言ったように、金額だってねぇ〜微々たるものですよ。

そして借金が200万円あったと報じられている。200万円の借金?車買ったらそれくらいになるでしょう。だから?って感じだ。

ただ借金の書き方だよな。金額だけなら、家や車のローンを組んでいるだけで、何百万何千万円だ。この人の借金が何であったかは知らないけどね。でももらった情報をそのまま記事にして、借金のことと組み合わせれば、あたかも…ってな事になるでしょう。俺が当時、この事件にもっと興味があったとしよう。それでも報道を信じたでしょうね。

ただ最近は、明らかに間違いないな…と思われるようなことでも、疑ってかかるようになった。近代的な捜査が行われていると思った時代でも、こういう冤罪が出てきているからね。それと何とか特捜部ってのも凄いとこだよね。政治家の悪みたいなものも、俺は疑ってかかっているよ。そして無罪だなと思っている反面、まだ出てきていない、やましい部分はあるのか?なんて勘ぐりもします。俺って嫌な奴だなぁ〜

新大宮バイパスで見たセリカLB。綺麗に仕上がっていた。福蔵くんにFacebookで投げかけたら、実に詳しく教えてくれた。そしてそれ以外の反応として、このアメリカ仕様のアイアンバンパーは評判が悪い。それは俺もそう思う。この後のXXなんて、さらにアメリカンだ。そういう戦略で、それで食っていたわけだからしょうがない。スープラもRX7もZ-CARも全てアメリカ市場があったから存在できた。あの国内専用車の二代目までのソアラだってそうだよ。スープラでペイ出来たから、あの値段で商売が出来た。

こういう部分的な形で見ると、なんだよなぁ〜なことは沢山ある。それも時が経てば、懐かしいのかな。最近、この手のクルマの話をしていないな。通じる相手もいないしね。

10月28日(水曜日)

相変わらずな日々である。あそこのバンプールが、空いていればもう少し早く帰れたのに。暇なりに早く終われば良いが、本当にクソなヤードとバンプールが多い。

朝の荒川河口橋の上です。いつもより混んでいるなと思ったら、派手にやっていました。追突されたほうは既にいなかった。明日は我が身である。

クルマで出勤して、自宅近くの狭い道。前の方で右往左往。俺の前のクルマが、必死になって対向車を交わそうとしている。その対向車もちょっとズレるとかすれば良いのに、どっちもしどろもどろな感じだ。見ていて腹がたつレベルです。対向車とすれ違いざまに「何をやっているのか?」と一言。すると、俺の前にいた奴の事を初心者で…ってな事を言い始めた。その初心者相手に寄りもしないで何を言っているのか?思考停止である。俺が最も嫌う相手。思考停止。

またしても、二人の人間とカメラ関係の事でやり取りをした。フィルムカメラを使っている人なので、その関係のレンズの話をした。流れからして、タムロンのアダプトールの事かと思ったら、デジカメのマウントアダプターの事を話していたらしい。こっちも思い込みがあって気が付かなかったよ。

K女史のGX7 Wズームキットがとりあえず届いたようだ。まだちょっとしか触っていないらしいが、暗所での撮影の設定を送る。全くわからんと返信が来たが、こっちのペースで書くから、説明書読んで、質問出来たらしてくれと返す。これで良いのだ。思考が停止していなければ、道は開ける。

10月29日(木曜日)

相変わらずな日々である。これと言って何もなし。暇なくせに、並びはそれなりにあって、拘束される。それを会社に言えればいいけど、会社が悪いわけではない。港湾利権に、体当たり出来るだけの力が欲しいのである。

つボイノリオの聞けば聞くほどでも取り上げられていたが、またか?と思う老人の事故。これを読んだ時に、痴呆か?単純にアクセルとブレーキを踏み間違えたか?などと考えた。それにしても歩道を700メートル暴走とは、たまったもんじゃない。自転車にしても歩行者にしても、この野郎!!と思う時はあるが、これに関して言えば、何の非もないでしょう。

Twitterでも結構やり取りしてけど、17:00のQRのニュースで痴呆を報じていた。やっぱりそっちか。ボケ老人が鹿児島から宮崎まで運転してきて、これだけの事故をした事になる。これが酔っぱらいだったら、死刑まで行かなくても20年くらいは求刑されるだろう。だけどボケ老人なら、収監もされないのではないか?家族に責任がある?もちろんある程度はあるだろうけど、全て押し付けられる物じゃないと思う。

民事の事で言えば、任意保険に入っていれば、保険会社が全てカバーする。なんか具体的な事を考えると、被害者側は怒りすらぶつけきれないな。交通事故って、これで死んだら?って方で考える。歩いていた時に、轢かれたらだ。自分の場合は、運転している時間が長いからそう思うのかもしれない。だけど、それも生きて行く上でのリスクのひとつだ。飛行機事故なんかも同じ。もちろん、だから良いってもんじゃない。だけど、もしかしたら上から鉄骨が…今時そんな工事現場もないだろうけどね。

でもなぁ〜自分がボケ老人に轢かれて死んだらどうだろうかな?飛行機事故も交通事故も、現代のリスクだと言っておきながら、これはちょっと納得いかないかもね。

10月30日(金曜日)

静岡の駿府城公園まで往復するだけの温い仕事。距離がそこそこあるから、温い?とまでは言い切れないか?朝早く行って、返却や取りに絡まないで戻って来ればいいから、やっぱり温い部類かな?日曜日は同じコースを辿るが、夜に向こうに着けなければならない。そうなると温いとは言えないけどね。

現場にクレーンが来ていて、その近くの木にクモの巣があった。このクモ、俺は好きだ。

そして久し振りに由比のあの食堂で昼飯。ちょっと写真が雑だな。作り置きのおかずをチョイスする食堂なのだが、なかなか絶妙です。チンして食べるなり、そのまま食べるなりすればいいが、ここのオヤジは分かっている感じがする。これだけで静岡まで足を延ばした甲斐があるな。

10月31日(土曜日)

土曜日のお休みは、相変わらずバタバタ。床屋に行ったのだが、毎回不景気な話ばかり聞く。ここのご夫婦は、それなりに高齢だが元気でよろしい。やめるまで通いますよ。

久しぶりに近所の喫茶店でランチ。すげぇ〜贅沢をしてしまったような感じ。それくらい外食などはしていない。DOUTORの珈琲が最大の贅沢だな。

そして夜はMANDA-LA2。今回は地方から来ている方が多数。来る前に声をかけてくれるのが嬉しい。沢山お土産を頂いたが、どうか皆様手ぶらで来てください。その空間を一緒に楽しめるのが一番です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする