2021年5月の日記

5月1日(土曜日)メーデーって言葉を聞かなかった

本日も底辺労働者としての一日が終わった。これから俺的GWの始まりである。4連休、どうやって過ごそうか?こんな時期だから自由も利かないんだけどね。そう思っていたら、6日まで休みの5連休を言い渡されました。有意義に使いましょうか。

緑の糞BBAが鉄道会社に減便を要請したら、余計密になったと言う話が流れて来る。端的に言って考え方に奥行きが無い。反省としてパースペクティブがありませんでした…なんて会見すれば新たな横文字として話題を呼ぶか?

本人は全くそう思っていないだろうけど、行き当たりばったりなんだよね。まずは出勤しなきゃいけない人ってのは絶対にいる。これはしょうがないと言うか、必要不可欠だ。そしてテレワークだとか在宅を避けたい人がいる。

色んなパターンがあるだろうけど、俺達世代で、部長だとか課長と言われている人たちだ。どんな業界とかそう言うのは関係が無い。職業が中間管理職な人たちだ。家に居場所は無いけど、出社すればそれなりの立場で、役職で呼んでもらえる。具体的な仕事は無いかもしれないけど、名目上管理していると言う立場で全てが成り立っている人たちだ。おまけにデジタルに弱いと来ている。こんなんじゃ、テレワークも在宅も難しいよね。これをやっておけば…と言う仕事はしたことないからね。

こういう困難な状況の時に、精神論を唱えて乗り切る無能な方々よ…早く退場してもらいたい。派遣切りよりも、あんた方がフェードアウトするのが望ましいのだよ。

今日からiPhone XRのSIMが入れ替わった。電話番号も変わって、今度は通話も出来る。まず通話することは無いと思うけどね。

IIJmioの契約をミニマムスタートプランからギガプランに変えた。本当は乗換えて電話番号が変わる予定では無かったんだけど、俺が間違えて、新規でギガプランに申し込んでしまったのだ。今までのSIMは解約して、新しいSIMでスタートです。と言っても何の変わりも無いけどね。iPhone XRの電話番号を知っている人間なんていないに等しいしね。

とにかく今日から5月です。メイデーって言葉を聞かなかったな。写真は自宅のレザープリンタです。このようにすると葉書や封書を直接印刷出来る。多分初めて使ったと思う。あれば便利だが、本来なら使わなくて済むプリンタを持っている俺。便利より邪魔が先に来る。仕方ないから使うようにしているだけです。

5月2日日曜日)何だかほっつき回っているみたいだ

大気が不安定だけどどうしようか?と思っていると連絡が来た。カメラを持って出てこい!!出た、俺は都合のいい男である。話をよくよく聞くと、そういうことか…それなら色々と絡められるな。小遣い稼ぎのついでに行ってきました。守秘義務があるのでそれ以上は書けません。ついでにやっつけた部分のみアップです。

取りあえず乗車券はこれ。都営地下鉄東京メトロ一日乗車券です。500円のワンデーパスじゃなくて、通年販売の切符です。これはかなり使いでがありますよ。改めて路線図をみると感心する。東京の交通機関の便利さがよく分かります。路線図を見て今日の行動を決めたのだけど、今更気が付いたことがある。千代田線と大江戸線って全く接続していない。今回の移動に関して、ちょっとだけ困ったかな?そういう使い方をしないし、このふたつをチョイスしなくてもいくらでも方法はあるけどね。

まずは都営新宿線で森下で乗換え、大江戸線で大門浜松町まで行ってお参りです。このような出で立ちでした。お参りはJRの駅なのでモバイルSuicaで入場。そして終って出て来る時もモバイルSuicaで退場です。入場券としても使えるようになったので便利です。券売機でも入場券を扱っていないことが多く。初乗り切符を買って、断りを入れることが多かったのでありがたい。

再び大江戸線に乗り、青山一丁目で銀座線に乗換える。半蔵門線でも良いけど銀座線です。学生時代、上野から渋谷まで使うことがあったので、銀座線が好きです。

渋谷のハチ公前です。人が少ない。俺的にはそれ以上に青蛙が無くなったのが寂しい。プレハブ小屋を置くくらいなら…と思うのである。

こっちの写真は2020年8月2日(日曜日)の物です。もっと早く撤去される予定だったけど、コロナ禍で遅れた。この翌日に搬出作業がされたようです。

そしてなぜか靴磨きをしていると言う若者に声をかけられた。iPhoneでちょっと確認をしていたのだけどね。汚いスニーカーを磨くのか?と問うと、スーニカーが一番得意だと答える。とにかく今はそんな余裕がないと行って断ってきました。そろそろお役御免の靴だからね。

今度は副都心線に乗換えて、明治神宮前(原宿)に出る。学生時代は写真を撮りに来ていたこともあったけど、何十年ぶりかの竹下通りです。俺が竹下通りって言葉を覚えた時は、既に今の原形と言うか装いがあった。これはうろ覚えなんだけど、ザ・ベストテンで田原俊彦が原宿キッスを歌った時の話です。告知無しで、竹下通りで原宿キッスを歌うと言う企画があった。歌ってはいないかもしれない。ただ疾走しただけか?昼間ロケしてそれを流したのかな?これはあっていると思う。この時だったと思うけど、黒柳徹子が竹下通りって昔はタイル屋さんがあって…と言っていたと思うんだよな。今は若者の街だけど…って言うニュアンスで何か妙に残っています。タイル屋さんの下りはうろ覚えだけど、最初っからあの雰囲気じゃないのは確かですよね。そしてなぜか黒人に声をかけられて握手をされた。仕事だと言って退散したけどね。

明治神宮前から千代田線に乗る。ちょっとここで依頼事をこなすまでに時間的余裕が出来た。小田急線直通の電車が来たので、一気に経堂まで足を伸ばします。片道160円の出費です。20代の時に約3年過ごした。最初は通いで、2年ちょっと部屋を借りていました。

そのアパートは今も健在であった。A棟とB棟があって俺はB棟に住んでいた。この写真の奥の方の建物です。懐しい。この部屋で色々とあったな。思い出すことも多いのである。

その部屋からすぐの場所です。今は駐車場になっているのか。多分この場所で間違いないです。この道路沿いの建物はほぼ変わっていない。この場所はあの大物女優の実家があった場所です。パッと見た目は小さなマンションと言った感じなのですが、一軒家と言うかその大物女優の家族だけが使っていたそうです。お母様をよく見かけました。

この後良く通った町中華と、よく出前でお世話になった町中華の場所まで歩く。通った方は閉店の時にわざわざ連絡を頂いた。すぐにお店が売れちゃって、慌ただしく閉店。俺も長野にいて、閉店間際にもう一度行きたかったけど叶わずでした。お店のあった場所は、建て売りになっていましたね。隣かな?こっちかな?と思ったけど、道路の形が変わっていないので、ここで間違いないと言う場所でしたね。個人宅なので写真は割愛です。

出前でお世話になった町中華の方はここかな?って感じでした。道路も区割りも変わっていないようだったけど、記憶が曖昧だ。とにかく安いお店で、330円の炒飯を一個でも持ってきてくれた。もちろん高級な感じでは無いけど、味だってちゃんとしている。ありがたいお店だったな。

この写真は経堂コルティーショッピングモールから撮影です。ここはかつて旧い高層マンションが建っていた。雨が降っても濡れずに電車に乗れる物件で、古いゆえに以外と家賃が安かったらしい。借りるなら紹介するよ…と言ってくれた人がいた。結局縁は無かったけどね。そしてこの古めの高層マンションの何室かは、ロマンスカーのお姉さんの寮だったらしい。いらぬ情報です。

写真の奥の方に写っているロータリーは駐車場だった。ローターリーになってバスが発着しているとは便利になったもんだ。バス停を確認すると、渋谷駅まで行っている路線がある。あとは経堂の駅勢圏の住宅街にからむ路線かな。

帰宅してGoogleマップで何処が変わったか確認してみた。小田急線の複々線化と、経堂駅の高架化に伴っての立ち退きってあったのかな?と思える。元々8両編成までのホームで4番線まであった。高架化してホームを延伸したので、新宿寄りの踏切があった方までホームが延びている。この辺は明らかに変わった部分ですね。それと今は4番線まであるホームに加えて、上りの通過線がある。少なくともこの部分は幅が広がっている。だけど、地図でみると道路の位置が変わっているようにも思えない。高層アパートがあった部分と駐車場の部分で賄えたのかな?でも新宿寄りの踏切のあった辺りは、多少の立ち退きはあったように思える。

それでも駅の周りだけで、俺の生活していた部分での大幅な区割り変更は無かったな。ある所有者の土地や建物があって、そこを売って違う建物があったりはしている…それだけかな。小田急線だけがバージョンアップして、大きな変貌は遂げていないと言った印象だな。

下りる時は有人改札でPASMOで精算した。今度は券売機で160円の切符を買って乗車です。しかし今の券売機って、結構ハードルが高いんじゃないかな?ほとんど使わなくなったけど、今日も使っている企画乗車券を買う時はこの手の券売機で買っている。何を買うのか選択して追っかけて行く形だけど、いまだにFAXや手書きを強要する困ったおじさん達にはきついであろうと思う。都営新宿線の本八幡駅で、ワンデーパスを買う時も最初は何処にあるんだ?状態からスタートでした。PASMOの物理カードを持っていたとしても、チャージ方法は覚えなきゃいけない。これを受け入れられない方々は、ちょっと厄介だな。

そんなことを考えつつ、代々木上原で乗換えて赤坂で下車です。がらぁ〜んとしていたな。本来ならGWを当込んだイベントが、赤坂サカスで模様さているはずだ。何とも寂しい限りです。

ここでミッションをひとつ完了させて、ついでに撮影したのがこれ。閉店してしまった金松堂書店のシャッターです。詳細は勝手に検索してください。建物そのものも解体されるようなので、GW中だけの公開になっているようです。良いものを観させてもらったな。

赤坂駅から再び千代田線に乗って、北綾瀬駅を目指します。北綾瀬駅は10両編成対応のホームになって、直通電車も運行されるようになった。でもこの綾瀬駅0番線ホームは健在で、今もワンマン運転の4両編成電車は運行しています。

前回訪れたのは、2018年7月18日(日曜日)だったようです。動画も撮っているんだな。ホームの延長工事が終る前で、その様子も残っていましたね。コロナ禍前であの時は平和だった。

この写真はそのあとに出来た北側の新しい改札です。これを抜けると、環七を渡った所に出られます。ここで最後の依頼事を終えました。10両編成の本線?直通電車に乗って北千住で日比谷線に乗換え。秋葉原乗換えで都営新宿線で戻って来ましたとさ。今回は国道6号君への参りも済ませてきました。雷雨はあったけど、濡れることは無かったな。

文中敬称略

5月3日月曜日)こっちが鬱になる?

ラジオ聴きながらiMacに向かう一日でした。これと言って何もなしです。同級生のK君が実家にいると言うので顔を出してきた。本当にすぐそこにいます。どこぞで飯でも…と思ったけど、時節柄自粛する。

ただこのクルマ(車種を特定されると困るとのことなのでモザイクを入れておきます。フィアット69とでも言っておこうか?X1/9ではない)を置いてあるスペースで、しばし熱い?議論とレクチャーを受ける。その中で、鬱病になる典型的なパターンを聞いた。まさにその通りなんだけど、それに対する俺の回答は、そんなの面倒見切れない…だった。鬱になる前の周りの対応ってのがある。俺ですらそれくらいの対応はする。だけどそれが全く受け入れられないのなら、しょうがないじゃないか?あとは病院や行政に任せるしかない。冷たいヤツ、嫌なヤツと思われるのは構いませんよ。だってこっちにだって生活があるんだもの。

文明社会だからこういう議論が成り立つのである。文明社会だからこんな病気が頻繁に起こると言う側面もある。でも自然界同様、弱いヤツは生き残れないのだ。それは俺も一緒です。

ま、間尺に合わないことに関しては、色々と対応の仕方がありますよ。それ以前にどう対応するかです。K君、どうもありがとう。

5月4日火曜日)久しぶりに東邦酒場の弁当。

どうもこのGW期間中は大気が不安定なようだ。半年に一度しかしない、スーパーカブとSWIFT RSのオイル交換をしようと思ったが見送る。やるなら今日しかなかったのだけどね。それこそ一年に一度でも良いくらいのものだし、今回はパスだな。

久しぶりに東邦酒場さんのお弁当を買いに行く。美味しく頂きました。それにしても居酒屋なのにお酒出せないって…都内だけかと思ったけど、我が家周辺でもその状態です。確かに江戸の歴史をちょっとでも知っていれば、括りの上での都内だけってのはナンセンスな話だ。だけどなぁ〜細かいことは省略するが、飲食店だけターゲットってのは愚策です。

帰宅してからホームセンターとブックオフにカブで行く。ホームセンターは相変わらずの賑わいかな?思ったよりは空いていたけどね。

ブックオフは本の断捨離です。ほとんどが最近お袋が買ったものだ。値段の付かないものがあったけど、それにびっくりだ。朱に赤全5巻です。超お宝なお値段では無いけど、それなりに高値だと感じて買いました。読み直したのでまた次に…と思ったのですが、まさかの値付けなしだ。多分、ただ単に古いからって事なんでしょうね。もう少し、見る目を養う方向に社員教育が必要では無いか?と思った。お持ち帰りしてきたので、オークションにも出さずに大事に持っています。

それとは逆の話だけど、iPadで古い漫画を読み返している。最近だと加治隆介の議を読み終えて、課長島耕作に移っている。読み返して残るのは、時代背景だよな。リアルタイムで読んでいる時は、その時代の団塊の世代を感じていた。(島耕作の場合。加治隆介はちょっと外れる)それを描いているんだから当たり前だ。

それが今読んでいると、まだ日本が元気だった時代背景ばかりに気が行く。日本がこうなったことに対して、色んな分析とかがあるけど、ただ単にネット社会に対応出来ないジジババが下の世代を邪魔しただけなんじゃないか?と思った。その下の世代もパソコンが使えなくてスマホだけなんてことになっている。別に大袈裟なことを考えて読み返しているわけじゃないけど、勢いがあった日本ってのはあったよな。

5月5日水曜日)自堕落な快適

近所のスーパーで、簡単な買物をした以外は引きこもりです。つまらない生活に思えるが、このあばら家の一室にいるのが快適である。ネット環境とラジオとテレビがあれば他に何が必要か?ネットのない時代だったら、こういう感覚にはならなかったと思う。ラジオとテレビだけだと限界があるね。

そのネット環境があるからこういう状況が出来る。Fire TV StickでFODを観られる。今にあるテレビに全録がある。その全録されている番組を、アプリを解してiPadで見られる。自堕落な快適さってたまらん。もう一日堪能します。

5月6日(木曜日)JR東日本通常ダイヤへ

俺的GW最終日です。どうやら雨の心配は無さそうなので、会社でSWIFT RSのオイル交換を済ませようと思って出かける。平日だから誰もいないだろうと思ったけど先約がいた。断念して帰宅です。こういうことだってあるさ。

自堕落だけど、俺にとっては天国のような引きこもり最終日でした。そんな中、明日からJR東日本は通常ダイヤに戻るとニュースが流れてきた。減便ダイヤで、ホームに人があふれる様子が度々流れてきた。緑の糞BBAの無能ぶりが現れていて滑稽であった。JR東日本は自ら都の要請を覆すわけだ。もはや元国鉄では無いね。

緑の糞BBAだけじゃないけど、こういった無策ぶりはただひたすら残念なだけですね。特に俺はあの手の糞BBAがダメだから、必要以上に悲観的に見えてしまう。歌舞伎町を闊歩した時もそうだったな。早く視界から消えて欲しいけど、都知事選挙は俺には関係ないからなぁ〜明日から仕事に戻ります。

くにまるジャパンのエンディング間近でのこと。東京都北区の固定電話が繋がり難くなっているという。9:00頃に届いたメールでそう書いてあったらしい。ワクチンの申し込み絡みのようだ。これに関して、こういった場合のシステムが構築されていない。今まで何をやっていたのか?と局アナが申している。全くその通りだし、こういった所へ予算を注ぎ込んでおくべきだと思うのである。その注ぎ込む時に無駄が…と言う話は別です。

でもこれはものすごくハードルの高い話だ。ちょっと前に、河野太郎行革担当大臣がFAXの廃止を唱えた。日本の役所…いや、新人類と呼ばれた世代は、いまだにFAXと言うものがまかり通っている。コロナの感染者のデーターのやり取りを、FAXでやっていたと報じられたのは去年のことだ。そしてこの状態を聞いても何が?と思っている輩がかなりいる。

デジタル庁が出来て(こんなものが出来ること自体おかしいと思っている俺)、それなりにIT化を進めるだろう。だけど取りあえず上に立っている人間は、デジタル化を進めるに当たって、FAXでやり取りしてハンコ決裁する人たちだ。茨の道だと言っておこう。

5月7日(金曜日)やっぱり違和感あるよな

本日も底辺労働者としての一日が終わった。ちょっとイレギュラーな事があって、思わぬ所で差し替えて走った。こういう日もあるさ。別に負担になったことは無いけどね。イレギュラーって話です。

朝一のデバン先で、だいぶ待機時間があった。色々とニュースをチェックしていると、毎日新聞のこんな見出しに行き着く。

大津園児死傷事故 「直進車にも過失」遺族ら検察審査会に申し立て

単純な右直事故だけど、園児を含む16人が死傷した事故です。歩道にクルマが突っ込んだんだからたまったもんじゃない。事故直後は単順に痛ましい事故…としか言いようがなかった。でも事故の全貌が明らかになると、なんだこれは?状態になりました。

もう一度言う。単純な右直事故以外の何ものでも無い。ただ俺が引っかかったのは、直進車の動きです。大したスピードも出ていない。実際に時速56キロと言われている。結構前から右折車が出てきていることを認識している。それを向こうがよけると思って、ノーブレーキでぶつかっている。この辺の判断が遅かったとしても、ノーブレーキは無いんじゃなかろうか?ぶつかる直前にでもパニックブレーキを踏めたと思う。その身体能力がなかったにしてもノーブレーキはあり得ないと思った。

多分、民事と言うか保険会社同士の話し合いでは、右直事故の判例の範囲で、過失割合の話し合いがついていると思う。警察側の判断も当然のごとく右折車が一番悪いって事で、直進車の女性は、日付が変わる頃に釈放されたと報道されている。

ワイドショー的にもこの事故を検証する動きがあったらしい。だけど右折車の女性が、地元で目茶苦茶評判が悪い。そうなるとワイドショーだからそこをつつく。釈放されたあとも出会い系で男と知り合って…なんて話も出てきたから、全てこの右折車の女性に矛先が向いていた。刑事責任でもこの女性の罪が一番重いだろうから、それはそれで分かりやすかったでしょう。

マスコミを通じてでも、直進社の方の女性の情報ってのはほとんど無かった。直進車の女性から被害者に向けて手紙を出しているらしい。それがまるで他人事…と言うことくらいかな?

ただワイドショーの動きはともかく、この事故に関して一番違和感を感じたのは直進車です。目測を誤ったり、強引に右折してくるクルマなんていくらでもいます。善し悪しじゃなくてそんなものです。程度にもよるけど、いちいち構ってられません。運転している人ならそんな感覚では無かろうか?

過失の割合はとやかく言う事故じゃない。ただこの直進車が書類送検の後不起訴ってのは、世間の空気を読むことに長けている検察にしてはお粗末かなと思った。右折車に関しては、優先順位を考えてもっとちゃんと確認しろよ…月並みな見方です。でも直進車に関しては、あんたに優先権はあるけど、右折車が出てきた時点で減速じゃないの?

直進車の女性が交差点の100メートル以上手前で、少なくとも2台の車が連続で右折するのを認識していたと指摘

この記事の一文がこの事故の全てのような気がします。だからと言って、直進車に一番の過失があるとは言っていません。この程度を交わせないことに、ちょっとなと思っているだけです。

5月8日(土曜日)
5月9日日曜日
5月10日(月曜日)
5月11日(火曜日)
5月12日(水曜日)
5月13日(木曜日)
5月14日(金曜日)
5月15日(土曜日)
5月16日日曜日
5月17日(月曜日)
5月18日(火曜日)
5月19日(水曜日)
5月20日(木曜日)
5月21日(金曜日)
5月22日(土曜日)
5月23日日曜日
5月24日(月曜日)
5月25日(火曜日)
5月26日(水曜日)
5月27日(木曜日)
5月28日(金曜日)
5月29日(土曜日)
5月30日日曜日
5月31日(月曜日)