4月17日(火曜日)

不愉快な事この上ない。逆差別の猿が!!Fuck You!!凸(`_’) この辺にしておこう。一応平和に終了です。日曜日に道の駅いちかわに行って来たが、その事を書き留めておきます。

4月7日にオープンした、道の駅いちかわに行って来た。予想が悪い方に当たったと言っておこう。正直言ってがっかりです。本格的なレストラン(この場合、ファミレスとは違うと言う意味。食べていないから、それ以上の事は言わない)と、いちCAFEというカフェが入っていた。まずはこのカフェに入って、クロワッサンサンド(生ハム)とドリップ珈琲を注文。別にこの物に文句は有りません。地元の業者を入れたのか?あるいは市川市が直接経営しているのか?分かりません。オープン間も無くでバタバタしていた事は確か。でもそんなことは関係ない。この道の駅に、わざわざ入れる必要って?と思った。もし地元業者なら、早く撤退した方がいいかな?本業に徹した方がいい。

レストランも同様です。いたって普通の場所に、1500円から3000円程度の料理が並んでいた。どうやら日本橋浜町に本店が有るらしい。おそらく食べれば美味しいし、いいレストランなのでしょう。だけど、ここで商売が成り立つかな?これが私の印象です。

それから道の駅お約束の、売店です。一応市内の野菜なんかも売っていたが、いささか中途半端です。それから県内の物産展的な物も有ったが、こっちも中途半端なんだよな。スペースの問題も有るけど、一巡したら閑古鳥ではなかろうか?

フードコートの方だけど、店が悪いのではなく、コンセプトが中途半端でピンと来ない。はっきり言って、このスペースと雰囲気なら、チェーン店かそれに準ずる形の店を入れて、SAやショッピングモールのフードコートのようにした方がいいと思う。

それから売店。チーバくんのグッズ販売に文句はないが、担当者が本当に売りたいものってのが有るのか?と言う事です。銚子のサンマの開き(冷凍)が売っていた。2匹入って400円。まだ食べていないが、これは高くないし良いかな?と思い購入。他にも良い物は有るのだろうけど、マニュアルに乗っ取って仕入れた感が有る。

このレストランと売店が入った建物は市川市の管轄で、トイレ棟と駐車場は国土交通省の管轄だそうです。駐車場とトイレは24時間使えるらしいから、この辺はまともだ。ただ早晩、売店が入っている建物は、がらっと変える事になるのではないかな?どういう経緯かは分からんが、道の駅ビジネスに乗っかった店はかわいそうな感じです。そうならないといいけどね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする