2月6日(水曜日)

今日は待機時間がけっこうあった。OM-D E-M5 Mark IIを改めて調べ直す。って、買ってからかよ!!以前から、E-M1(Mark II)まで行かなくても、OM-D E-M5 Mark IIが手に入ればとは思っていた。ただ使用頻度からいっても、目的からいってもオーバースペックだし、ボディ価格で10万円はねぇ〜お買い得だとは思っていましたが、絶対的金額が貧乏人には厳しい。でもこの時期になって、大幅な値下げとなっている、OM-D E-M5 Mark II。思い切って行きました。

写真は関係ないけど、大井のバンプールにて。

はっきり言ってモデル末期なのでしょう。そこも含めて納得の購入です。オリンパスは、既存のモデルに対して、惜しげも無くファームウェアーのバージョンアップを提供してくれる。他のメーカーなら、ハードもちょこっとだけイジッて、モデルチェンジの扱いをしても、おかしくないくらいの物を提供してくるのである。OM-D E-M1がそれであった。

OM-D E-M5 Mark IIもファームウェアーはVer.4になっていて、2018年の2月に更新されていたようです。深度合成機能が加わっていました。OM-D E-M1 Mark IIに採用されて、E-M1にファームウェアーのバージョンアップで対応させた機能です。取りあえず、これ以上のバージョンアップは無いと思うけど、こういう所がなぁ〜Radio Server VJ-10も含めて、オリンパス贔屓になる俺です。

帰宅して設定した程度だけど、こりゃ、長く使えそうかな?M.ZUIKO DIGITAL ED 30mm F3.5 Macroも同字購入したけど、こっちはGX7に付けて使うかもね。深度合成機能は魅力的だけど、使用頻度ではどうかな?GX7+M.ZUIKO DIGITAL ED 30mm F3.5 Macroで昼飯を撮る機会の方が多いかな?そんなとこです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする