1月20日(土曜日)

久米宏 ラジオなんですけどを聞いていると、NHKドラマ10でやっている、女子的生活を取り上げていた。久米宏さんは、NHKがトランスジェンダーを取り上げて、ドラマを作った事を評価していたようです。切っ掛けはそれだけなんですがチェックです。

昨日の夜が3話目で、来週が最終回だ。DIGAに残っているか?残っていました。愚弟をだまして?買ったDIGAは凄い。10年以上前、スゴ録で、生活変わるよって言われて買った時も、確かにちょっと変わった。DIGAはその比じゃないな。

一気に3話まで観てしまったけど、なるほどねぇ〜確かにこういう切口でNHKが…って、久米さん同様思うね。主演のトランスジェンダーの役に、志尊淳が抜擢されていた。植木等とのぼせもんで、小松政夫役をやっていた人か。俺は、こういう差別的な表現が絡んでくるドラマや映画が好きだ。差別といっても、特定の…ではなく、ひととは違ったという視点での差別ね。嫌悪感を抱く人をどう描くかってのが、見どころだと思います。あと一回楽しみだな。

文中敬称略

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする