10月7日(日曜日)

平日と変わらぬ拘束時間?でした。拘束時間とは言わないか。休日にやりたいことをやっているだけだからね。6:00くらいから活動していました。

まずは洗車。久しぶりにSWIFT RS 2012を、中性洗剤で手洗い。好きではないが、習慣付けばそれなりにやるかな。会社のホースの接合部分も治ったことだしね。

でも、これはついでに過ぎない。クオンの洗車がメインです。ポリッシャーを用意して、水垢落としをしました。ざっくり見える部分を、やったけど、水垢落としというか… とりあえず落ちたからいいか。コーティングしたとは言えないな。すげぇ~重労働。こっちこそ、定期的にやっていきます。

車庫に居着いている地域猫。また三匹生まれているのを発見です。とりあえず二匹確保。同じような柄の二匹ですね。前に発見した、貰われて行った奴とは違い、向こうから寄ってくる感じではありません。ただ動きが鈍いから、捕獲できました。

もう一匹も捕獲成功。違う毛並みですね。素人見立てですが、三匹とも健康状態はいいようですね。このままテキトーに、地域猫として面倒を見ていきます。

そして午後からお参りです。今月はこのような出で立ちでした。この時期恒例のハロウィーンだな。

そしてこの角度から。山手線のこの車両も、あっという間に少数派になっていくのだろうね。今回も同胞に出会った。若い女性だが、手慣れた様子でスマホで撮影。立ち去っていきましたよ。

18:30の最終回を観ようかと思ったけど、16:00の回に間に合いました。有楽町スバル座で、映画教誨師を鑑賞です。伊集院光とらじおとで、古舘寛治さんがゲストに出演していたので知りました。この役者さん自体が気になる人ですね。このゲスト出演の部分だけでも面白かった。

世間的には、この間亡くなられた大杉漣さんが主演で、エグゼクティブプロデューサーに名を連ねていることが話題か?俺個人としては、ズバリ死刑囚を取り上げていることに興味が惹かれた。

教誨師役の大杉漣さんが、それぞれの死刑囚と面会する。そのシーンが淡々と展開されていくと思えばいいか?。舞台演出みたいな感じです。6人出てくる死刑囚に、それぞれモデルがいるのかな?取材に基づいて、脚本を書いたのだと思う。違うかな?実際はどうかわからんが、死刑囚とはこんな感じか?と思いましたね。上映館は少ないけど、探して観に行ってください。

こんなに活動した休日は久しぶりだ。映画館で寝ちゃうかな?と思ったけど、思ったより体力があったのか?連休だから後先考えずに取れた行動です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする