エアチェック(死語)デジタル版シーズン2 その2 2015年8月6日公開分

ちょこちょこ日記に書いていたが、もうこれ以上は手のうちようがないので、ここにまとめておきます。

ここのところずっとDynabook+ラジ録3の動作が安定しない。具体的には2時間の録音で1時間36分程度のファイルと6分程度のファイルが出来る。これに関してラジ録のサポートセンターに問い合わせたら、RADIKOプレミアムのサーバーの問題と指摘された。ただしここの所、再び併用し始めたMacの方はちゃんと録音されている。なので、サーバーの問題ではないのでは?と言ってはおいた。

個人的にはメモリの不足と予想を立てた。読み込んでファイルを変換するのに、容量不足では?と思ったのだ。と言うのも短い番組(1時間以内)では、ほぼ録音は成功していた。そこで6000円かけて、2Gから4Gにメモリを増量。Dynabookの動き自体も軽やかになった。しかし、結果は変わらず。再びラジ録のサポートセンターに問い合わせてみたが、やはり典型的なサーバーの混雑のによる不具合と指摘された。そこしかないのか…

ラジ録3にはバッファの設定もないので、これ以上は何もできないか。気休めにしかならないだろうけど、録音開始時間を番組開始から5分ほど早める設定をした。これで上手くいくかなぁ〜

それと一昨日くらいから、短い録音時間でも失敗する事が増えた。具体的には野村係長を15分
幅で仕込んでいるのだが、連日失敗です。人気のコーナーだからサーバーも混雑するのか?RADIKOプレミアムで、録音しなければならないものを除き、Radio Server VJ-10がバックアップとして大回転なのだ。

FM用のアンテナが途中で折れている、我が愛機Radio Server VJ-10です。なぜかOLYMPUS製品です。家電メーカーやオーディオメーカーではないのが不思議です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする