2月2日(木曜日)

朝のデバンから戻って来て、そのままUCC NO.3に並ぶ。13:30過ぎに並びについて、出て来たのが17:00だ。バカじゃないの。あれで給料もらえるのだから、羨ましいと言っておこう。

文春の発売日。GACKTなる歌手のスキャンダルというか、王様ぶりが記事にあった。あのキャラで、そういう遊びは漫画の世界だ。分かり易すぎる。

そして地味だけど、一番気になったのは、高齢者の癲癇(てんかん)についての記事だ。癲癇と言うと、泡を吹いて卒倒するイメージがあるが、それだけではないようです。食事中に急に箸を落とし、ボォ〜としている。呼びかけにも全く応じない状態だと言う。それから40秒ほど(確かそんな風に書いてあったか)して、何事も無かったように食事を再開。ただ指摘されても、本人は全く記憶がないと無いらしい。

記事の中で、この状態で交通事故を起こしている人が多いのでは無いか?との指摘もあった。そして認知症と診断されている人も、実は癲癇か、あるいは認知症との併発では無いか?とも書いてあった。そして癲癇の投薬をすれば、発症は抑えられるとも言及している。

最近よく聞く、事故の前後のことは覚えていないと言う証言も、これに当てはめると納得がいく。そうなのか…ただ医療関係者にも、この高齢者の癲癇に関して、認知度が低いらしい。正しく治療されれば、あのような不幸な事故は減るし、免許の返納基準もきちんとするのでは無いか?ちょっと気になった記事でした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. B.Tクロキ より:

    な〜ほど、俺は認知症かも知れないな〜。
    でも、人間はどっかおかしいぞ、俺は自分のおかしいとこを認識出来るだけまだまともかな?