12月27日(水曜日)

叔父(お袋の妹の旦那さん)の通夜に行って来ました。突然死みたいな感じだったので、ちょっと不安だったが、叔母から状況を聞いて納得。俺が知っている範囲の亡くなり方であった。ただ患った期間というものがないから、叔母は辛いよね。そこは気になるが、子供世代がしっかりしている。俺の従兄弟たちだ。娘が一人いるのだが、うちの親父が倒れた時も散々世話になった。いい意味でのキーワードかな。収まりがいいというか、「やっぱり娘じゃなきゃダメなのよ」と言っていた、あのお方の言葉を思い出しました。

写真は北初富の仮駅。津田沼方面は高架化が完成しています。踏切がなくなれば、木下街道との交差点は少しはマシになると思う。

お清めの席では、お袋とその従兄弟と俺で話をして来た。こちらも平和で、今の自分のペースで、仕事をしているらしい。奥さんも手に職を持っていて、やはり自分のペースで仕事をしているようだ。平和で何よりです。

そして隠れキャラ?にも会えた。お袋の弟です。つまりこちらも僕の叔父さんです。親戚に迷惑をかけるような人ではないが、キャラとしては、まさに僕のおじさんでした。お別れの席で、親族が集まる。悲しい場所に足を運ぶのは、大事な事である。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする