12月31日(日曜日)

どうしても床屋に行きたかったが、まだ傷がうずく。ちょいと傷口が痒くなったので、恐る恐るポリポリ。かさぶたが取れました。床屋さん行き決定です。傷口の部分をバリカンが通っても、全く痛くはない。ただ他の場所を刈っている時と違って、違和感があるだけです。年内に怪我は完治と言う事になった。

結局天気も悪かったので、床屋から散歩に行くコースは取りやめ。一旦戻って、クルマで近所のファミレスで遅い昼飯。目の前のマクドナルドで、BBポイントの接続を確認して、夕方からいつもの喫茶店で年越しそば。平和に大晦日は終了です。ではここから先は愚痴です。良いお年を!!

大晦日なので、愚痴も含めて今年の総括などをしてみます。今年の漢字一字は“北”だったそうですがピンと来ない。相変わらずな生活だけど、俺にとっての今年のキーワードはクソババァである。直接被害を受けたわけではないが、自然と目や耳に入って来る有名どころを上げておきましょう。

根岸の落語家の娘。何とか棒を使って掃除する女優。この禿げぇ〜と怒鳴り散らした政治家。(既に落選したけど)はっきり言って、この三人はキ印だと思います。それなりのクスリも飲んでいるのではないか?とあくまでも私の想像ですが、そう思っています。本来、テレビに映っちゃいけない人達ですね。でもこの人達を“気狂い”などと言おうものなら、言った人がメディアから抹殺されます。気狂いを放送しても咎められないが、それを気狂いといったら抹殺される…それが地上波です。

この一件とは関係ないが、アメリカで銃を乱発して、何人もの人を殺めた男がニュースになった。この男を気狂いと言った往年のスター(仮に赤いトラクターとしておきましょう)は、非難を浴びる事になる。気狂いは気狂いだと思うのだがね。

直接関わる所のクソババァについて。やはり社会性を求められている場所で、感情をぶつけられても困るのである。先日、とある場所に用を足しに行った。不在の場合はベルを鳴らせと書いてある。その通りにしたら、明らかに不機嫌な声で「はぁ〜い」と言いながらやって来た。そのクソババァは、俺の姿を確認するなり「いる時は鳴らさないで!!」とおかんむり。

私はこの入口を入ってきてここに来た。周りを見渡しても誰もいないので、この張り紙の指示に従っただけだと説明。それでも「そこにいたでしょ!!」と、なんでこのクソババァに言われなければいけないのか?こっちも意地になって、見えないものは知らないとやり返す。実際に死角だったしね。

どうでもない出来事のようだが、いきなり自分の亭主に向かって、感情を吐き出すような事を言われると凹む。こういう事は、あらゆる所であるのです。これが重なるときつい。事実、毎日のようにあるしね。

これ以上は例を挙げられないし、書けないからやめとく。ただ来年は、クソババァからの脱却が俺のキーワードだな。そのうち、電話がかかってきて、灯油買って来いとか言われそうだな。そうならないために、こっちが客であろうが、向こうが取引先であろうが、毅然とした態度を取る事だな。

肝心の仕事。去年の暮れからクルマの事で一悶着あった。ま、今年は細かな所をなおしなおし乗り切る。しかし運転手不足などといわれているが、劇的な運賃値上げには至っていない。それでもうちの会社は、良心的な運賃をドライバーに付けてくれる。それなのに…とりあえず、運賃は倍にならないものか?佐川急便とヤマト運輸だけじゃなくて、日本郵便もどぉ〜んと運賃あげて、業界を引っぱってくれ!!

2017年俺的ヒット商品

MVH-3300

SWIFT RSに付けた、carrozzeriaブランドのカーオーディオです。ワイドFMが欲しくて、買いました。約6000円也。ろくすっぽ確認しないで、フロントにAUXが付いている事と、ワイドFMって事だけで購入決定です。それ以外必要ないからね。ラジオが聴けて(この場合ワイドFMが重要だけど)、iPodをAUXでストレートケーブルで、接続出来ればよろしい。その使い方しかしていないしね。

でもてっきり、CDプレイヤーが付いているものだと思っていた。現物が到着して、付いていない事が判明。問題ないというより、嬉しかったかな?ワイドFMのありがたみを知ったら、手放せなくなった。会社のトラックにも取付けてしまいましたよ。Bluetoothもいらないし、シンプルなラジオは素晴らしい。

マビヨン

伊集院光とらじおとの俺の5つ星で取り上げられた、半生のお菓子です。全くわからない人には、ブルボンのチョコリエールを想像して欲しい。違うものだけど、雰囲気としては近いかな?このお菓子を青山で食べた人が、今は何処かで食べられないか?と調査依頼をしてきた。結果、青山のお店の弟子筋の方の店で出している事が判明。それが本八幡のアンジュールカフェでした。ひと言でいえば大人の味です。俺は甘さが気に入ったかな?

包装をはがし、気軽に手に取って食べる物です。本当に子供には分からない大人の味と言う感じでした。

TORQUE X01

ガラケーならぬ、ガラホです。G’z One Type-Xを何処まで引っぱるか?それを考え続けていましたが、auのガラホの料金体系が、今までのガラケーのそれと変わらない所まで来たので決定です。当分の間この路線で行くかな。

言うまでもないが、右がG’z One Type-Xで左がTORQUE X01です。

LCC

博多に行くのに、LCCを初めて使った。自分の金で飛行機に乗るなんて、何時ぶりだろうか?そんなわけで、LCCデビューでした。ジェットスターを利用したが、航空会社には何の文句もない。サービスの簡素化がされているだけで、これといった不満などなかったな。強いて言えば、シートピッチが狭いということかな。これも分かっていたし、LCCのコンセプトからいったら致し方あるまい。今更ながら、俺にとっての今年のヒットです。

ただねぇ〜LCCその物じゃ無くて、成田空港の第3ターミナルはいかがなものか?この際、成田空港の成り立ちについては目をつぶろう。京成八幡から、別料金不要の特急電車で約一時間。俺の家からでも近いとは言えないが、まぁ〜市川からなら良いんじゃないの?ってレベルです。

だけど空港第2ターミナル駅から600m離れている。これも目をつぶる。無料バスも出ている。行きはこれに乗った。だけど歩いた方が早いくらいです。その歩いて行く時に通る通路は、さながら体育館への渡り廊下です。第3ターミナルは、それそのものが倉庫みたいな場所だったな。まさにこれが格差というものでしょうか?気にならない人は気にならないだろう。背に腹は換えられないし、博多まで往復17000円弱でした。そう考えれば、倉庫から貨物のごとく出発するのも有りだな。

今年はあまり大きな買物がなかったな。それだけ貧乏って事です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする