3月9日(木曜日)

大井7号の中で昼に引っかかる。おかげで午後のデバンは全線高速だった。大井7号であんなに引っかかるとはね。ついてないや。写真は関係ないけど、バックアップ用のハードディスク。

先にYahoo!ニュースから引用しておきます。

務台政務官「大いに反省」 「業界もうかった」発言巡り

務台(むたい)俊介・内閣府政務官兼復興政務官が昨年9月、台風被害の被災地を視察した際、長靴を持参せず政府職員におんぶされて水たまりを渡っていた問題に関連し、8日夜、自身の政治資金パーティーで「その後、政府が持つ長靴が、えらい整備されたと聞いている。たぶん長靴業界は、だいぶもうかったんじゃないか」と発言した。

菅義偉官房長官は9日午前の記者会見で「極めて不適切な発言だ。真に反省しているか疑われかねない」と怒りをあらわにし、務台氏を厳重注意したことを明らかにした。公明党の漆原良夫・中央幹事会長も同日の会見で「国民に謝らないといけないことを笑いのネタにするやり方は許せない」と切り捨てた。

務台氏は昨年、おんぶされた映像がテレビやインターネットで流れて批判が集中。松本純防災相らから注意を受けて「不適切だった。大いに反省している」と謝罪した。今回も同様の注意を受け、記者団に「不適切だった。大いに反省している」と繰り返した。自民党幹部は「2回目だ。1回目で学習しなかった、ということだ」と突き放した。(安倍龍太郎)

もし俺が、この代議士先生の後援会にでも入っていて、口を聞ける立場ならば「先生、そのサービス精神は今の時代、通じませんよ」とでもいうでしょう。だけど、こんなモノをニュースにする今の空気が嫌いです。

とりあえず、長靴を持って行かなかったことに関しては、終わっているわけです。それを政治資金パーティーで、自虐的にサービス精神を発しただけなんですけどね。昔なら、こういうパーティーに出席する人たちは「うちの先生、笑わせてくれるね。だから周りに人が集まるんだよ」ぐらいの事を言ったでしょう。でも携帯とネットの時代になって、これが通じなくなった。モラルとか、その地位にいる人の在り方を持ち出して、ただいかんという。その場にいなかったけど、そんなに言語道断な事なのかな。今の時代、通じませんよ…しか言えないのかな。政治資金パーティーですら、身内の集まりではないという事です。

ヤマト運輸限定的な配達に割引。こっちも先に引用します。

ヤマトが低価格コース検討 法人向け、負担軽減協力なら

宅配便最大手のヤマト運輸は、ドライバーの負担軽減に協力すれば、通常より運賃を安くする「低価格コース」を新設する検討を始めた。インターネット通販業者などの法人客向けで、配達先を主要駅の宅配ボックスなどに限定することが条件。荷物を受け取る側にとっては手間が増える半面、ネット通販業者にとっては「送料無料」サービスを維持しやすくなるメリットがある。

ヤマトは今秋にも運賃全体を27年ぶりに値上げする方針を打ち出している。法人客に適用している運賃割引も縮小する方向で、ネット通販大手アマゾンなどと交渉している。そのなかで低価格コースも提案する。

配達先は都心の宅配ボックスのほか、ネット通販業者の各地の拠点や、全国に約4千あるヤマトの営業所などに限定するよう求める。ネット通販の利用者などは、こうした場所に荷物を取りにいく形になる。

比較的早い段階で、こういう話が表に出て来たと思う。いっそのこと、思いっきり加速させて見てはいかがか?現在のサービスで荷物を届けるなら、倍の金額を設定する。1000円の荷物なら2000円だ。そして条件を出して、受け取る側が営業所に取りに来るとか、出す方も持ち込むとか、それ宅急便か?くらいのことをすると、500円で済むみたいな設定です。

ここまでしなくても、一番は受け取る側の対応だろうな。時間指定されていても、その時間にいない…やはり再配達に、追加料金を取るところからスタートだな。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする