関西鉄道の旅その1

旅行にこうと計画して、予算の関係で青春18きっぷとLCCの組み合わせになった。必然的に乗り鉄になるよね。第一段として、京都鉄道博物館の話。浜松〜米原間立ちっぱなしと言う状況で、何とか京都に着いた。歩く元気はなく、バスで鉄道博物館です。

2019年春には、この博物館の至近に駅が出来る。工事中でした。これがあればどんなに楽だったか…

何事に対しても、人とは違う趣向に走ります。俺が気になった車両を二つ。まずは500系新幹線。諸般の事情で割と短命に終わったけど、俺はこういう異端なモノが好きなんだよな。出張に飛び回っているときで、何度となく乗りましたよ。

もう一つはこれ。オハフ50です。休憩室として使えました。多分、現役の時には乗っていないと思う。1977年から製造らしいが、あの当時でも普通列車の客車は時代遅れだった思う。貨物列車の現象で、余剰機関車があったり、組合側が客車列車の存続を要望したりもしていたようだ。なんとも国鉄らしいね。

調べ直してみると、やはり時代遅れだったらしく、すぐに余剰車両となった物も多かったらしい。ちょっと哀愁が漂っているかな?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする